イントロダクション introduction

究極危険ダークヒーロー誕生。
まみれた禁断闇金ピカレスク、
衝撃映画化。

今最も旬な俳優・大谷亮平が挑むのは、ハードボイルドなダークヒーロー!表向きは居酒屋経営者、しかし裏では10日で3割の超暴利で金を貸しつけ苛烈な取り立てで債務者を追い込む闇金屋。客はパンチ一発1万円で用心棒を請け負う元ボクサー、地方でくすぶるキャバクラ嬢や半ぐれ、ヤクザなど、金の魔力に取り付かれたアウトローな連中たち。返せるあてのない借金を抱え、最後の手段として居酒屋「銭形」を訪れた人々の運命は・・・。

チリもれば、限度額。
への欲望恐怖リアル描く
壮絶なる"闇金"ピカレスク・ムービー

本作の主人公、銭形富男役を演じるのは、大谷亮平。2003年より俳優として韓国を拠点に活動をはじめ、大ヒットとなった映画『神弓-KAMIYUMI-』や『バトル・オーシャン 海上決戦』に出演。2016年より日本での活動を開始し、2016年ドラマ「ラヴソング」(CX)で日本デビュー。同年、空前の大ブームを巻き起こした「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)の風見涼太役がはまり役となり、大ブレイクを果たす。今後も、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(18年6月8日公開)が控えるなど抜群の存在感を示している。

その弟・銭形静香役を演じるのは、白石和彌監督作の映画『凶悪』で注目を集めた小林且弥。近年は、映画『マエストロ!』、『あ、荒野』などに出演し、確かな演技力で観る者を惹きつける。本作では、狂暴な性格ゆえ、容赦ない暴力で富男と共に債務者を追い込む骨太な役どころに挑んでいる。

ブランド狂いで、場末のキャバクラ嬢・早乙女珠役を演じるのは、映画『ヒメアノ~ル』、『ユリゴコロ』、『リベンジgirl』など話題作への出演が続く演技派女優・佐津川愛美。圧倒的な演技力で、ブルーリボン賞に2度ノミネートされるなど映画界からの高い評価を受ける一方、自身が監督を務める『SHE/LL』が上映されるなど、マルチな才能を発揮している。本作では、一筋縄ではいかない曲者債務者として銭形兄弟の前に立ちはだかる。

兄弟の前に突如現れ、銭形での就労を志願する元殺人ボクサー崩れの剣持八雲役を演じるのは、人気エンターテインメント軍団「BOYS AND MEN」きっての演技派、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』に出演する田中俊介。ヤクザに憧れ、兄弟に難癖をつけては噛み付く半グレ・樺山博史役を「曇天に笑う」など人気舞台作品で観客を魅了する玉城裕規。

さらに、資金繰りに窮し、銭形兄弟に泣きつく脱サラ債務者・真田留美役を映画『花宵道中』などに出演し、抜群の存在感を放つ安達祐実。

その他、兄弟の過去知る、警察署長・二階堂猛役を、主演を務めた映画『八重子のハミング』を始め、2017年映画出演本数が7本以上と日本映画界、ドラマ界に欠かせない名優・升毅。町を牛耳る猛悪なヤクザ・磯ヶ谷剣役を映画『お盆の弟』、『アレノ』で第37回 ヨコハマ映画祭主演男優賞を受賞し、数多くの監督や製作者が今、最も使いたい俳優の一人と声をそろえる注目の渋川清彦らピカレスク・アクターが脇を固める。

ストーリー STORY

錆びついた漁船が停泊するひなびた漁港。路地裏の一角でひっそり営む居酒屋「銭形」。店主は銭形兄弟の富男(大谷亮平)と静香(小林且弥)。表向きは居酒屋だが、深夜0時から闇金「ゼニガタ」に変わる。トサン(10日で3割)という違法な高金利で金を貸し苛烈な取立てで債務者を追い込むのが銭形兄弟のスタイル。ある日、ボクサー崩れの男・八雲(田中俊介)が「銭形」に入れてくれと申し出てきて…。

相関図

キャスト&スタッフ cast&staff

大谷亮平

大谷亮平
銭形富男

1980年10月1日 大阪府出身

2003年、モデル・俳優として韓国を拠点に活動をはじめ、大ヒットとなった映画『神弓-KAMIYUMI-』(11)や『バトル・オーシャン 海上決戦』(14)などに出演。2016年より日本での活動を開始し、2016年ドラマ「ラヴソング」(16/CX)で日本デビュー。"逆輸入俳優"と注目を浴びる。同年、空前の大ブームを巻き起こした「逃げるは恥だが役に立つ」(16/TBS)や男女の泥沼愛憎劇が話題を呼んだ「奪い愛、冬」(17/EX)で大ブレイクを果たす。本作が映画初主演作となる。近年の主な出演作に「片想い」(17/WOWOW)、東京アリス」(17/Amazon)、「チェイス第1章」(17~18/Amazon)、『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(18年6月8日公開)、『パパはわるものチャンピオン』(18年9月公開)などがある。

  • 小林且弥

    小林且弥
    銭形静香

    1981年12月10日 山口県出身

    2002年、ドラマ「東京ぬけ道ガール」(NTV)でデビュー。2013年公開の映画『凶悪』で魅せた演技が注目を集め、以後、数々の映画やドラマに出演し多くの監督に愛されている。近年の主な出演作に、『マエストロ!』(15)、『あゝ、荒野』(17)、「監査役 野崎修平」(18/WOWOW)などがある。

  • 佐津川愛美

    佐津川愛美
    早乙女 珠

    1988年8月20日 静岡県出身

    2005年、映画『蝉しぐれ』でデビュー。同作で第48回ブルーリボン助演女優賞ノミネート。『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(07)で第50回ブルーリボン助演女優賞及び新人賞にWノミネート。映画界、ドラマ界から高い評価を受け、数々の映画、ドラマに出演する実力派。近年の主な出演作に『ヒメアノ~ル』(16)、『ユリゴコロ』(17)、『リベンジgirl』(17)、『生きる街』(18)、舞台「泥棒役者」(18年4月5日より上演)などがある。

  • 安達祐実

    安達祐実
    真田留美

    1981年9月14日 東京都出身

    子役として2歳でデビューし、広告を中心に活躍。1994年、ドラマ「家なき子」(NTV)で主演を演じ、弱冠12歳とは思えない演技力で脚光を浴び話題を集める。以後、女優として数多くの映画やドラマに出演。2014年、20年ぶりに主演を務めた『花宵道中』では、妖艶な遊女を演じ、多くの反響を呼んだ。近年の主な出演作に『映画 ST赤と白の捜査ファイル』(15)、『TOKYOデシベル』(17)などがある。

  • 升毅

    升毅
    二階堂 猛

    1955年12月9日 東京都出身

    大学卒業後、劇団「売名行為」を結成。1981年、『ガキ帝国』で映画デビュー。その後1991年、演出家のG2らと共に劇団「MOTHER」を立ち上げ、座長を務める。以後、映画、ドラマ、舞台など幅広く活躍、NHK連続テレビ小説「あさが来た」(15)ではヒロインの父親役を演じ話題をさらう。独特な存在感と硬軟自在に演じ分ける演技力で日本映画界、ドラマ界に欠かせない名優。近年の出演作に『八重子のハミング』(17)、『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』(17)、『亜人』(17)などがある。

  • 渋川清彦

    渋川清彦
    磯ヶ谷剣

    1974年7月2日 群馬県渋川市出身

    KEE名義でモデルとして活動後、1998年『ポルノスター』で映画デビュー。2015年『お盆の弟』、『アレノ』で第37回ヨコハマ映画祭主演男優賞を受賞。数多くの監督や製作者が今、最も使いたい俳優の一人と声をそろえるなど日本映画界に欠かせない俳優の一人。近年の主な出演作に『下衆の愛』(16)、『ろくでなし』(17)、『AMY SAID エイミー・セッド』(17)、『神と人との間』(18)などがある。

  • 田中俊介

    田中俊介
    剣持八雲

    1990年1月28日 愛知県出身

    東海エリア出身・在住のメンバーで構成された、エンターテインメント軍団「BOYS AND MEN」のメンバー。2017年、映画『ダブルミンツ』で初主演を務めるなど、俳優としての活動にも力を注いでいる。近年の主な出演作に『白鳥麗子でございます! THE MOVIE』(16)、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(17)などがある。

  • 玉城裕規

    玉城裕規
    樺山博史

    1985年12月17日 沖縄県出身

    2011年に上演された舞台『少年ハリウッド』伊達竜之介役を好演し注目をあびる。翌年、累計発行部数は850万部を突破した渡辺航氏による週刊少年チャンピオン連載漫画の舞台「弱虫ペダル」東堂尽八役で人気を博し、ドラマ『弱虫ペダルSeason2』にも同役で出演、舞台「ライチ☆光クラブ」ジャイボという作中で「奇人で変人」と描かれている役も演じきる。舞台『曇天に笑う』、ミュージカル舞台『黒執事~NOAH'S ARK CIRCUS~』といった人気2.5次元舞台作品にも出演、主演も多数。
    近年では、『血まみれスケバン・チェーンソー』『咲 Saki』『のぞきめ』『Messiah メサイアシリーズ』『トリノコシティ』『500円の後悔』などの映画作品にも出演し、活躍の場を広げている。

  • 土田拓海

    土田拓海
    ミノル

    1991年6月15日 愛知県出身

    東海エリア出身・在住のメンバーで構成された、エンターテインメント軍団「BOYS AND MEN」のメンバー。グループでの活動のほかドラマや映画を中心に俳優として活躍中。近年の主な出演作に「なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか」(14/メ~テレ)、『サムライ・ロック』(15)、『復讐したい』(16)などがある。

  • 吉原雅斗

    吉原雅斗
    ノボル

    1994年7月22日 愛知県出身

    東海エリア出身・在住のメンバーで構成された、エンターテインメント軍団「BOYS AND MEN」のメンバー。グループでの活動のほかドラマや映画を中心に俳優として活躍中。近年の主な出演作に『サムライ・ロック』(15)、『復讐したい』(16)、『白鳥麗子でございます! THE MOVIE』(16)、『人狼ゲーム インフェルノ』(18年4月7日公開)などがある。

綾部真弥
監督

1980年10月16日 東京都出身

世界の映画祭で高い評価を受ける鬼才・園子温に師事。助監督として、映画『新宿スワン』(15)、『リアル鬼ごっこ』(15)、『ひそひそ星』(15)、『新宿スワン2』(17)、『アンチポルノ』(17)など多数参加。ドラマ「みんな!エスパーだよ!~欲望だらけのラブウォーズ~」(15/dTV)では監督を務める。『人狼ゲーム クレイジーフォックス』(15)で劇場長編映画デビューを果たし、以後、人気シリーズに成長させる。最新作『人狼ゲーム インフェルノ』が4月7日に公開される。

ミュージック MUSIC

THEME SONG
映画「ゼニガタ」主題歌
『Volcano』(キングレコード)

TSUKEMEN

2ヴァイオリンのTAIRIKUとKENTA、ピアノのSUGURUで結成されたインストゥルメンタル・ユニット。2008年12月東京・サントリーホール・ブルーローズ2days でコンサートデビューを果たし、2010 年3 月発売のアルバム『BASARA』でメジャーデビュー。2017年4月には全楽曲がメンバー書き下ろしのフル・オリジナル・アルバム『RECHARGE』をリリース、このアルバムを含むオリジナル・アルバム6作がクラシックチャートにて1位を獲得している。2018年結成10周年を迎え、4月18日にリリースされるアルバム『X(テン)』は、J:COM系列「平昌オリンピック2018」の中継テーマソングとなった「WINNING RUN」(OP)や「虹を見上げて」(ED)をはじめ、本作の主題歌「Volcano」が収録されている。